静岡県立浜松湖南高等学校 様

CALL(コンピュータ支援型LL)システム

CALL(コンピュータ支援型LL)システムとは、従来のLL学習システムに加え、最新のパソコンとAV(音声・映像)・ネットワーク技術を採り入れた、双方向型のマルチメディア授業支援システムです。
教室内には教材用サーバ・教師用パソコン・生徒用パソコン及びAV機器等が設置され、100BASE-TXを基幹としたEthernetによるLAN環境を使用しています。

~CALLシステムの主な機能~

(1)見る
・テキストに、音声・静止画・映像を加えたWBT(Web Based Training)教材の作成・利用
・CD、DVD、ビデオ・カセットテープなどのAV教材の利用

(2)聴く
・再生スピードコントロール機能
・教材と自分の声(発音)を比較できるPRAC機能
・生徒が録音した音声データの回収、評価機能

(3)話す
・音声コミュニケーション/会話練習機能
(10人までランダムに組めるペア・グループ学習に対応)

(4)読む
・テキストに、音声・静止画・映像・演習問題を加えたWBT(Web Based Training)教材の利用

(5)書く
・登録したワープロや表計算などのソフトをクリック起動できるランチャーアプリケーション機能
・レポート(ファイル)の提出・回収機能

(6)教材管理・リモート指導
・生徒用PCの画面モニタリング・リモート操作機能
・映像・音声・静止画を用いたWBT教材の作成機能
・教材ファイルの配布・回収機能
・生徒一人ひとりの出欠、学習の進捗状況、評価などの管理機能

<LL教室>
<教師用PC>
<AV機器>

Pages: 1 2